解体の流れ

解体工事の特徴

  ・危険:予期せぬ倒壊・破片飛散による災害を引き起こす。
  ・騒音:重機械使用による振動音・打撃音・掴む音がうるさい。
  ・振動:重機械の移動。揺れや重量物の落下により周囲に振動をあたえる。
  ・ほこり:構造体の破壊の際、落下の際に多量の粉塵が舞う。
  ・産業廃棄物:多量の廃棄物は、収集運搬して指定された処分地へ。

   解体工事は非常に危険が伴う作業ですし、近隣様に大変なご迷惑をおかけします。
   又、最近特に環境問題はやかましく、テレビ等でも不法投棄が取り上げられています。
   発注主様にとっても、廃棄物の行き先は気になるところではないでしょうか?
   従って、業者の選択は非常に大切な事といえるでしょう。

解体工事の流れ

  1.お客様より見積りのご依頼:「お問合せ」フォ-マットから又はお電話にて

  2.解体物件の現地調査・計測: 建物の構造・状態、残存廃品・アスベストの有無、
                 前面道路巾・搬出経路等を調べます。
                 合わせて建物の大きさを計測します。

  3.お見積書の提出

  4.ご契約
   「建設リサイクル届」を役所へ提出: 必要ケ処に、ご署名・ご捺印をお願いします。

  5.近隣へのご挨拶

  6.電気・ガスの撤去切断工事: お客様の方で「使用停止」のご連絡をお願いします。
                 こちらで切断工事の連絡を致します。

  7.着    工: 先ずは残存廃品を搬出後、養生足場シート張り

  8.分別解体: 産業廃棄物管理票(マニフェスト)を記入作成して解体廃材を分別処分します。

  9.工事完了: きれいに整地し、前面道路もきれいに洗います。

  10.お客様立会い確認

  11.お客様へ「建物取壊し証明書」発行: お客様の方で「建物滅失登記」をして頂けます。

お問い合わせ・お見積り

会社概要

解体の流れ

施工実績

ブログ

facebook facebook

Twitter Twitter

Instagram Instagram

リンク リンク

総閲覧数:13383
旧H.P.の2008年~2019年5月までのアクセス数【73,573】

当H.P.令和元年5月
最新リニューアル版